エリンジウム(別名松笠アザミ)の花《中央葬祭社》 - 【公式】中央葬祭社/セレモニーホール中央|大分県佐伯市の信頼・実績ある葬儀

エリンジウム(別名松笠アザミ)の花《中央葬祭社》

2017-11-15

こんにちは❗
佐伯市の葬儀・中央葬祭社の黒澤です(^-^)/
 
皆さん❗エリンジウム(別名松笠アザミ)という花をご存じですか?
 
当社でもよく生花スタンドや祭壇に使用しますが、単独で見ると個性的だけど、豪華な百合や色目の華やかな花の中に挿していると地味で全く目立たず人気もないように思います。
 
ですが、よくご覧下さい❗
 
ルリタマアザミのお花(中央葬祭社)
エリンジウムのお花(中央葬祭社)
見た目はルリタマアザミによく似たワンサイズ小さいセリ科の植物ですが、色や形が実に神秘的で葉の先にトゲのあるちょっと変わった存在感のある花なんです。
特に、色が他の花にはない青紫で金属質のメタリックシルバーのような光沢をしていて、よくアレンジメントやドライフラワーなどにも使用されてるようです。
花言葉もまた素敵で
『秘めた愛』『光を集める』
きゃーっ😆💕
 
トゲトゲした葉が小さい花を囲み隠しているかのように見えることからつけられたのかもしれませんね。
 
実はこのエリンジウム…
もっと凄い秘密を持っているんです🎵
 
それは……
 
ド〰〰ン❗❗❗❗✨
 
エリンギ(中央葬祭社)

 
はいそうです❗
鍋には欠かせない食材の〈エリンギ〉✨
(バター醤油炒めも美味😋)
 
実は、約200種類以上あるエリンジウムの仲間の中で特定種《カンペストレ》という花にだけ寄生するのがエリンギなんだそうです。(※当社が使用する花とは種類が異なります)
松茸が赤松の根に寄生するように、エリンギはカンペストレの花が枯死した根だけに寄生するのだそうです。
驚きですよね❗👀
 
ただ残念ながら日本には自生してないので野生のエリンギにはお目にかかれないようです。
いつも私達が口にしているエリンギは海外から持ち込んだ種菌を品種改良したものらしいです。
天然のエリンギ一を度食べてみたいですね(^-^)
 
ということで、そんなエリンギと密接な関係の神秘的なエリンジウム✨
是非覚えておいてください😊

 

▼その他のブログ記事はこちら▼

大分県佐伯市の葬儀社【中央葬祭社/セレモニーホール中央】公式ブログ季之風


お問い合わせはお気軽に

 

▲HOME▲

コンセプトお別れを考える葬儀の流れ会社案内お問い合わせ

更新履歴リンク集


大分県佐伯市の葬儀社【中央葬祭社/セレモニーホール中央】全日本葬祭業協同組合連合会

大分県佐伯市の葬儀社【中央葬祭社/セレモニーホール中央】ご葬儀についてお問い合わせ■代表電話:0972-22-0001 ■フリーダイヤル:0120-76-0002

大分県佐伯市船頭町3番7号
tel.0972-22-0001/fax.0972-22-2310
HOMEPRIVACY POLICYSITEMAP

© 佐伯市の葬儀 中央葬祭社/セレモニーホール中央 All Rights Reserved.
CONTECTS