春を感じさせる桜が今年初入荷(中央葬祭社)

2018-01-26

中央葬祭社・セレモニーホール中央 ブログ《季之風》

《季之風》春を感じさせる桜が今年初入荷(中央葬祭社)
 

毎朝、寝室の窓から真っ正面に見える朝日は今日も相変わらず輝いていました✨
 
こんにちは😊
暮れから今まで、何だかんだと忙しくかなりのご無沙汰をしておりましたが、気が付くともう1月も終りに近づいてるんですね😅
 
今年は次男坊の大学受験もあり、我が家も益々慌ただしい1年になりそうです💨🏃
 
さて、受験シーズンといえば桜🌸
一足早く春を感じさせる桜🌸が今年初入荷しましたのでご紹介します❗
 
桜といっても600種類以上ある中で、1番馴染み深いのは『ソメイヨシノ』と『啓翁桜』ですが、12月から3月にかけて早期に出荷されるのは『啓翁桜』なんです。
こんなに早い時期に出荷するためには、やはり生産者さんの拘りと努力あっての事なんですよ。
 
花を咲かせるための準備を始めるのは、なんと👀前年の5月頃からで、病害虫の防除などを秋口まで行い、その後秋から冬にかけての寒さを活かして木を休眠させ、剪定して伐採した桜🌸を加工場に持ち帰り束ねて、出荷に合わせて温湯処理を施します。
 
 
《季之風》春を感じさせる桜が今年初入荷(中央葬祭社)
 
寒い時間が短いと桜🌸は花を咲かせてくれないんだそうです。
 
この微妙な温度管理がきっとプロとしての腕の見せ所なんだろうなぁ~と思います。
 
そうすることで、桜🌸は『あっ💡春が来た🎵』と勘違いをして休眠から目を覚まし、花を咲かせるようになるんだとか👀
お客様の手元で満開を迎えられるようにと、花は蕾の状態で出荷するそうですが、きちんと花を咲かせられる花芽かどうかの見極めが大事らしく、そのために徹底した温度管理が必要不可欠なんだそうです。
 
こうやって、生産者さんのたゆまぬ努力があるからこそ、私達は美しい花を目にすることができるんですね😉
 
我社もそんな思いを受け継いで、思いを込めた祭壇制作を心がけたいと思います😊
 
桜🌸の切り花をお家で飾るときは、根元に十字の切れ目を入れ、涼しく乾燥しない場所に飾ると1ヶ月くらいは持ちますよ😄👌
聞いた話によると、時々霧吹きしてあげると良いらしいです❗
ただし、気温が低すぎると凍結して蕾が黒くなり花が咲かないのでご注意下さい❗
私も時々やらかしますが…😜(笑)
桜🌸は温度の差で色も変わります。
また花が終わった後の葉桜も素敵ですよね😉
 
ちなみに、啓翁桜の名前の由来は
ミザクラにヒガンザクラを接いで啓翁桜を作った福岡県の良永啓太郎さんという方の名前を一字とって付けたんだそうです❗
所によると、啓太郎桜と呼ばれることもあるそうです。
ご自身の名前が使われるって凄いですね✨👏
 
桜🌸の花言葉は
精神美、優美な女性
 
全国の受験生の皆さ~ん📣
🌸サ~ク~ラ~サ~ク~🌸
頑張ってくださ〰い⤴👊🔥
 
 
佐伯市の中央葬祭社/セレモニーホール中央
公式ブログ《季之風》
 

▼その他のブログ記事はこちら▼

大分県佐伯市の葬儀社【中央葬祭社/セレモニーホール中央】公式ブログ季之風


お問い合わせはお気軽に

 

▲HOME▲

コンセプトお別れを考える葬儀の流れ会社案内お問い合わせ

更新履歴リンク集


大分県佐伯市の葬儀社【中央葬祭社/セレモニーホール中央】全日本葬祭業協同組合連合会

大分県佐伯市の葬儀社【中央葬祭社/セレモニーホール中央】ご葬儀についてお問い合わせ■代表電話:0972-22-0001 ■フリーダイヤル:0120-76-0002

大分県佐伯市船頭町3番7号
tel.0972-22-0001/fax.0972-22-2310
HOMEPRIVACY POLICYSITEMAP

© 佐伯市の葬儀 中央葬祭社/セレモニーホール中央 All Rights Reserved.
CONTECTS