思い立ったが吉日!国東半島へ(佐伯市の中央葬祭社) - 【公式】中央葬祭社/セレモニーホール中央|大分県佐伯市の信頼・実績ある葬儀

思い立ったが吉日!国東半島へ(佐伯市の中央葬祭社)

2018-10-02

中央葬祭社・セレモニーホール中央 ブログ《季之風》

思い立ったが吉日!国東半島へ(中央葬祭社)
 
台風24号が過ぎ去ったあと、昨日はまるで空気が浄化されたかのように気持ちのよい1日でしたね😊
こんなスッキリとした日には何処かに出掛けたいなぁ~🎵と思っていたら……
💡嬉しい誘い❤
行って来ました神仏習合の発祥の地:国東半島へ~🎶
 
いつものことながら『思い立ったが吉日✨』の主人。
何の計画もなく、しかも昼から出発(笑)
あまり外にでない義母も引っ張り出し3人でgo~🚕💨
いつもいきなりなので、ほぼ出発してから考える目的地😆
 
🚕の中で話合い、今回は国東方面へ行くことにしました🎶
実は、国東は私たち夫婦にとってはとても思い入れのある場所なんです。
というのも、私達夫婦が10年子供に恵まれなかった時に、子授けで有名な「両子寺」で願掛けをした想い出があります。
その後、一年もしないうちに長男を授かりお礼参りにも訪れたことがあったのです。
その長男も今年で25歳✨
今回はお陰様という思いで伺うことにしました❗
 
久しぶりに訪れた両子寺は、阿弥陀様や観音様のお社が綺麗に修復され、新しくお稲荷様や三面大黒様も加わり、まさに神仏習合に様変わりしていましたが、雰囲気はあの時のまま何ら変わりありませんでした。😊
想い出のある場所は、その場に居るだけでその時の思いが込み上げてきますね。
本殿には、あの頃私が作ったものと同じ袋があり、とても懐かしい思いがしました。
 
あの時確か……
子供を産んだ20人くらいの女性から、1人一枚ずつの布を頂き、それを縫い合わせて作った巾着袋にお米を入れてお供えした覚えがあります❗
子供を産んだ経験がある方から頂く布は、経験したからこそ幸せを分けてあげられる思いを形にしたもの。
10年間子供ができなかったことで自分を否定していたあの頃の私が、こうして『どうぞこの方に赤ちゃんをお授けください❗』と心から手を合わせられたのはそんな思いを経験したからかもしれません。
何事も経験ありきの世界だと今は思えるようになりましたし、負だと感じる事も自分自身の学びのための経験だとしたら、それを力強くクリア出来た私はなんて素晴らしい✨(笑)とこの年になって少し思えるようになりました❤
 
人は自分の成長のためにそれを経験したいから経験しているだけなんだ!
そして、それを経験することがいろんな意味で学びに繋がるんだ!とある本で読んだことがありますが、その通りだと思います。
 
そんな事を1人で考えながら😊、20数年ぶりに訪れた懐かしい場所で何だか今日はあの時とは違う思いで参拝させて頂きました。🙇
 
『なんか足の調子が良くなったごとある🎵』と言っていた母は行く先々で杖を置き忘れたり(笑)
と、珍道中はまだまだ続きます🎵🚕💨
 
次は前から気になっていた文殊仙寺へ~🚕💨
 
(続く)
 
 
佐伯市の中央葬祭社/セレモニーホール中央
公式ブログ《季之風》
 

▼その他のブログ記事はこちら▼

大分県佐伯市の葬儀社【中央葬祭社/セレモニーホール中央】公式ブログ季之風


お問い合わせはお気軽に

 

▲HOME▲

コンセプトお別れを考える葬儀の流れ会社案内お問い合わせ

更新履歴リンク集


大分県佐伯市の葬儀社【中央葬祭社/セレモニーホール中央】全日本葬祭業協同組合連合会

大分県佐伯市の葬儀社【中央葬祭社/セレモニーホール中央】ご葬儀についてお問い合わせ■代表電話:0972-22-0001 ■フリーダイヤル:0120-76-0002

大分県佐伯市船頭町3番7号
tel.0972-22-0001/fax.0972-22-2310
HOMEPRIVACY POLICYSITEMAP

© 佐伯市の葬儀 中央葬祭社/セレモニーホール中央 All Rights Reserved.
CONTECTS