私達家族の大事な存在「愛犬さら」(佐伯市の中央葬祭社) - 【公式】中央葬祭社/セレモニーホール中央|大分県佐伯市の信頼・実績ある葬儀

私達家族の大事な存在「愛犬さら」(佐伯市の中央葬祭社)

2018-10-24

中央葬祭社・セレモニーホール中央 ブログ《季之風》

私達家族の大事な存在「愛犬さら」(佐伯市の中央葬祭社)
 
うちの愛犬さら🐶は只今14歳と7カ月😊
とても賢くおっとり屋の優しい性格で、私達家族にとってはなくてはならない大事な存在です❤
 
そんなさら🐶も13歳頃から急激に衰え始め、一日中寝て過ごすことが多くなっていました。
 
やむなく眼球摘出手術をしたのが今年2月。
術後、とても衰弱し大変心配しましたが、徐々に元気を取り戻し…
かえって手術前よりパワーアップしたかと思えるほど元気になり人格(犬格?)まで変わったかのように思えました。
 
隙あらばすぐ膝に乗ってきたり、ベッタリ引っ付いているのが大好きな甘えん坊だったさら🐶が、呼んでも近くまでしか来なくなり、自ら膝に乗っかって来ることもなく、体を触られるとイチイチ『ビクッ💥』っとし、特にいきなり頭を触ろうもんなら、威嚇して噛みつく仕草をするようにもなっていました。
 
仕方ないよね…だってよっぽど怖くて痛い思いしたんだもん…😅
 
それでも無理矢理抱っこしてスリスリする私ですが(笑)😁
 
そんなさら🐶を見ていると、動物だけではなく人間も育つ環境や体験で性格は大きく変わるものなんだと言うことを教えてもらっているような気がします。
 
小さい時の環境は自ら変えることはできないだろうけど、自立した後の自分の今から先の人生は素敵な人との出会いやいろんな体験を通して自分次第で未来はいくらでも変えることができる❗ということを学ばせてくれているかのようです。
 
動物たちはいつだって自分の身を呈していろんな事を感じさせてくれる存在であり、純真無垢だからこそ素直にありのままを表現できるんだなぁ~と思います。
 
怖いときには体を震わせ尻尾を丸め込み
 
嬉しいときには嬉しい〰🎶😆と尻尾をガンガン振りまくり
 
超嬉しいときにはクルクル回りながら跳び跳ねて嬉しさを全身で表現し⤴⤴🎵
 
叱られた時には抜き足差し足で近寄り上目使いでシュン😢⤵と肩を落とし
 
嫌いなものは断固として食べず
 
甘えたいときには『キュ~ンキュ~ン』と小さな声ですり寄り
 
眠いときには取り合ってくれず何時でも何処ででも寝る❗💤
 
言葉が喋れないからこそ全身で愛を伝えてくるペット達💓
 
あぁ~なんて自由な生き方なんだ〰💕
『今を生きる』ってこういうことなんだな❗
世間で騒がれているお偉い人達の話を聞くよりよっぽど勉強になるな❗と思う私です❗😁
 
そのさらも今月に入って体調が急変し認知症も酷くなっています😢
 
この時期だからこそいろんな事を教えてくれている気がして…1日
1日を大事に過ごしている今日この頃です😊
 
佐伯市の中央葬祭社/セレモニーホール中央
公式ブログ《季之風》
 

▼その他のブログ記事はこちら▼

大分県佐伯市の葬儀社【中央葬祭社/セレモニーホール中央】公式ブログ季之風


お問い合わせはお気軽に

 

▲HOME▲

コンセプトお別れを考える葬儀の流れ会社案内お問い合わせ

更新履歴リンク集


大分県佐伯市の葬儀社【中央葬祭社/セレモニーホール中央】全日本葬祭業協同組合連合会

大分県佐伯市の葬儀社【中央葬祭社/セレモニーホール中央】ご葬儀についてお問い合わせ■代表電話:0972-22-0001 ■フリーダイヤル:0120-76-0002

大分県佐伯市船頭町3番7号
tel.0972-22-0001/fax.0972-22-2310
HOMEPRIVACY POLICYSITEMAP

© 佐伯市の葬儀 中央葬祭社/セレモニーホール中央 All Rights Reserved.
CONTECTS